スポンサーサイト

  • 2012.12.31 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • スポンサードリンク

味の民芸(3)

  • 2007.09.20 Thursday
  • 23:59
肉すき同行者が行きたいというので「味の民芸」へ。お昼のピークも過ぎた13時だというのにすごく混んでる。人気だねー。1年1ヶ月振り、3回目。

温かいうどんを食べたいと思ってメニューを見ていたら、「肉すきうどん」を発見。
おぉ懐かしい。学生時代、好きでよく食べていたんだ!注文。

春菊や豆腐、糸こんにゃくなんかといっしょに、民芸の長〜いうどん。
すきやき風の出汁がよくしみこんでいてとっても旨〜〜い!!!

今日は牛肉が妙に美味しくってツボ。

やっぱりね、すき焼きにうどんって最強の組み合わせの一つだね。美味しかった!!!

肉すきうどん 924円

そうえいば昨日も「すきやき」というか「すきやき風のオムライス」だった。まさかの「すきやき風2days」。

◆前回の味の民芸の様子はこちらから◆

なみ喜 篠路店

  • 2007.09.18 Tuesday
  • 23:59
とり天板北24条にある「なみ喜」が、篠路に2号店を出したと聞いていたので、行きたいと思っていたところ。

昼時、近くにいたので行く。
石狩街道沿いで、ホーマックの隣りだからわかりやすい。「板そば なみ喜 篠路店」北区篠路1条1丁目2-5。初。

オープンしたばかりとあって、清潔感溢れる店内。
なんというか、「空気」みたいなものも新鮮で、席に座っていてもすがすがしい。

店の中をざっと見渡すと、テーブル席が15卓以上(小上がり含む)あって、カウンター席も多数。軽く70人以上は座れるんじゃないだろうか!広いなぁ!!

これだけの席数があるとお店はちゃんと回るのか!?という心配をしてしまうけど、それでも行けば確実に座れるだろうと計算ができるのはサラリーマン的には喜ばしい。

メニューは北24条の本店とほとんど変わらない(たぶん)。
食べてみたいと思っていた名物、「鳥天」に、板そばのついたセットを注文。

「鳥天」は、鶏のムネ肉の天ぷらが4枚と、季節の野菜の天ぷらが2つ。
運ばれてきた「鳥天」を見ると想像以上に大きくてボリューム満点でビックリ!!!!

写真で見ると、天ぷらも蕎麦もデカイからサイズが分かりにくいんだけど、隣りの割りばしや蕎麦猪口からイメージしてみて!…ね、どっちもスゴイ大きいでしょ。

鳥天の衣は"サクサク"ではなく、"もこもこ"な感じ。
しょうがをたっぷり入れた天つゆに付けて食べると好みの味。かなり美味!!
正直なところ、鳥天は4枚じゃなく、半分の2枚くらいが飽きずに美味しく食べられる量かなと思うけど、(油っぽいものが得意じゃないからそう思うだけかもしれない。。)それでもこのボリューム、名物と言われるのも納得。必食だね!!

そして板そば。やっぱりかなりでかい(サイズが分かりやすいように蕎麦と割りばしだけで写真を撮ったのも載せてみました。)。

色が黒い蕎麦で、味、食感、風味ともにかなり独特。
とはいえちゃんと、しっかりと十割蕎麦の長所を堪能できる美味しい蕎麦!!

最後はトロトロのそば湯を飲む。旨い!!!
いいねー!これを飲むだけでも来る甲斐があるってもんだ。

篠路エリアはあまり店を知らないから、この店はかなりうれしい。
そして北24条エリアは行きたい店が多いから、「なみ喜」を行きたい店リストからはずせるのはかなりうれしい。

鳥天板 950円

思君楼 恵みの店(11)

  • 2007.09.11 Tuesday
  • 23:31
黒細納豆最近蕎麦率が高いのはわかっているのですが、今日は久々の恵庭だから仕方がない。大好きな「思君楼 恵みの店」で蕎麦。恵庭市恵み野西1-24-3
この店、かなり頻繁に行っているイメージがあるんだけど、なんと今年初来店!自分でもびっくり・・・!9か月ぶり、11回目。

まだ食べたことないメニューを頼もうか迷ったけど、でもやっぱり大好物、思君楼恵みの店の納豆そばを注文。4種類から選べるそばも、一番好きな「黒細打ち」を選ぶ。

おそらく3人前以上ありそうな、たっぷりのひきわり納豆。

つゆとの相性抜群!
力強い黒細打ちそばとの相性抜群。

…やっぱり激ウマ。

そば屋では圧倒的に「もりそば」派なんだけど、
この「思君楼恵みの店の納豆そば(黒細打ち)」と、「叶庵のとりもつそば」は別格!

大好物です!!!!!!!!

納豆そば 720円
黒細打ち +70円
計 790円

前回の思君楼恵みの店の様子はこちらから

さっぽろ 玄庵

  • 2007.09.10 Monday
  • 23:15
せいろ場所はJR白石駅周辺。
何を食べようかと考えていたら、会社の先輩がオススメしてくれた蕎麦屋を思い出した。蕎麦気分じゃなかったけれど、無理やりギアチェンジ。「手打ちそば処 さっぽろ 玄庵」へ。白石区本郷通2丁目北1-28。初。

お店の横には家一軒分くらいの駐車スペースがあって10台くらいは駐車できそう。これは安心。
店に入るとテーブル席が2つにカウンター席が5〜6席。奥の方には小上がりもあって、外観から想像するよりも広いお店だ。カウンター奥の棚には、たくさんのキープされた「そば焼酎 玄庵」のボトル。「おっ店のオリジナル焼酎か!?」と思ったらアサヒビールから出ている焼酎だそうだ。いずれにしても夜も繁盛しているんだなと感じる。

初めてのお店では「せいろ」の大盛りと決めているのに、大盛りが+250円ということで断念。せいろ650円+大盛250円=900円はちょっとキツイ。

せいろを注文。

黒めの中細の蕎麦。
コシがあって口触りがよい蕎麦で、手打ち感をよく感じる。美味しい!!!!
ただただ美味しい。なんというか基礎のレベルが高いのが伝わる。
きっと誰が食べても美味しいと感じる蕎麦じゃないかな。

つゆは濃い目。辛さは抑えめで、削り節の香りがいい。
まろやかさ加減がよく、蕎麦によく合っている。

面白いのは薬味が辛味大根のおろしと刻みネギだけで、わさびがなかったってこと!!
でもわさびって、つゆの味を壊しちゃうことが多々あるから、おろしだけってのは案外いい考えかもと思う。

せいろも大変美味しいかったのだけど、
優等生なお蕎麦だから、種物で食べるとよりいっそう味が引き立ちそうな蕎麦だ。

万人にオススメといえるお店。オススメ!!

せいろ 650円

日々(5)

  • 2007.09.04 Tuesday
  • 23:12
お魚のセット午後からのスケジュールの関係で、早めのランチをしなくてはいけない。
11時からオープンしているお店…で調べていると「ワイン&そば 日々」が見つかった。

しばらく行っていないのはわかっているけど、一体どれくらいぶりなんだ???

なんと、2年3ヶ月ぶりだったーー。ド・ヒャー!!
東区北26条東15丁目、5回目

11時15分に店に到着。もちろん一番乗り。
入り口には打ち水がしてあって、風流で涼しげ。そして一番最初にそこを歩くのはなんとも気持ちよくって贅沢な気分がした!!

名物「サービスランチ」が食べたくてここに来たのだけど、メニューを見るとランチタイム(11時30分〜)のみの取扱いとなっているから、11時20分の今は、本来は頼めないはず。…でも「いいですよ」と快く受けてくれた。ありがとう。ほんとうにどうもありがとう。

お肉のセットか、お魚のセットが選べるサービスランチ。
今日は「お魚のセット」、お蕎麦は並粉の冷たいお蕎麦を注文。

今日の「サービスランチ・お魚のセット」はホッケのフライ。
表面の衣はカリッと香ばしく、中の身はふんわりとしたホッケで、驚く程美味しかった。それにゴーヤと卵の炒めもの(豆腐は無かったけどゴーヤチャンプルと呼んでいいのかな?)も美味しかった!!これだけで十分にごはんを一膳食べられるし、お蕎麦ナシでも十分に満足できる内容。

…とは言うものの、もちろん蕎麦も食べるのです。なんせ大好きですから。

「日々」の並粉の蕎麦は、細くて短めで、やや縮れた蕎麦。
表面が少しざらっとしていて、食べると喉に少し引っかかる。最高の喉越しだ!!!

蕎麦の「のどごしがいい」っていうのは、うどんのように「つるつるっと抵抗なくのどを通る」ことじゃなくて、「ザラザラっと、ひっかかりながらのどを通る」ことを言う。
…なんて、うんちくを言いたくなるくらいに完璧なのどごし。

お蕎麦の香りもよくて、美味しかったぁ。

サービスランチ お魚のセット 880円

前回の日々の様子はこちらから

そば処 七福神小路(2)

  • 2007.08.30 Thursday
  • 23:59
大盛美しが丘。
お蕎麦が食べたいなーと思って思い出したのが「そば処 七福神小路」。近くの「手打ちうどん処 杉」も思い出したけど、久しく行っていない「七福神小路」の方へゴー。清田区美しが丘3-7-1-20。1年2か月振り。2回目。

13時の少し前。駐車場も店内もかなりの混雑。かろうじて空いていた席に案内されて、いつも通り「大盛り」を注文。

朱色のせいろに真っ白な更科そば。ここを思い出す。

食べるとほどよいコシがあって食べやすい。
つゆは中濃で、甘すぎず辛すぎない、しょうゆの香りが柔らかく感じられて心地よい美味し!

美味しくって食べやすくて親しみやすいお店。
あまりこの辺のお店を知らないから、1軒覚えておくと頼りになりそうだ!

記憶よりも美味しくて、量も多くて、値段も安い!!!
…って間違って覚えすぎじゃないか!!

かなりの上方修正をして記憶し直なくては。。。

盛りそば 500円
大盛り +150円
計 650円

前回の「そば処 七福神小路」の様子はこちらから

楓漣(3)

  • 2007.08.29 Wednesday
  • 23:59
セットふらっと時間ができて、ふらっとダイエー東札幌店の2階飲食店街。その中の安くてうまい蕎麦屋さん「楓漣」へ。1年5か月振り、3回目。ちなみに少し前に行った「ライラック」というレストランはここの斜め向かいのお店。

今日のランチセットは「卵丼とミニセイロのセット」。
まぁ色々目移りしたけど、結局「ランチセット」に落ち着く。注文。

半熟のとろとろの卵は、だしが効いていてなかなか美味しい。
タマネギなんかにもよく味がしみていて美味しかった。
「卵丼」だから具材に肉なんかは入っていないけど、
逆にその方がガハガハと一気にごはんを食べる分には邪魔にならなくて、そんなとこが地味に好みだったりする。丼の7割方を一気に食べたところで蕎麦にチェンジ。

やや薄の甘口のつゆに細いお蕎麦をつけてズルズルすする。
食べやい、クセのないお蕎麦。あいかわらずイイね。

セットだから蕎麦は「ミニセイロ」。つまり量的にちょっぴり不満。
もっとガッツリ蕎麦を食べたかった。

でもこれだけ食べて500円。
よしとしようじゃないか。

ランチセット 500円

前回の楓漣の様子はこちらから

高はし

  • 2007.08.23 Thursday
  • 23:59
ごぼ天石狩市内を車でグルグル走っていたら(つまり迷っていたんです・・・、)「高はし」という名のうどん屋さんを発見。

おおーっっと!!!
ここって前から行きたいと思っていたお店だ。
そっか、ここだったのか。すぐそこの交差点はよく通っているのだけど、こっち側には来たことがなかった。午前中の仕事をこなしてから食べに来よう♪

仕事を終えたがすっかり遅くなった午後2時半。
お昼休みなんじゃないかという不安があったが営業していた。良かった、通し営業のお店だった。

「ひないどりの國 高はし」石狩市花川北1条5丁目110。初。

(「うどんと親子丼の店 高はし」や「比内地鶏 高はし」と表記している資料も多い。いったいどれがあってるのかな???)

「うどん屋」なのに店内には、テーブル席と小上がりがあって、まるで居酒屋のような内装。好きな感じ。

メニューを見ると表紙に「ごぼ天うどん」の写真が載っていて、これがとっても美味しそう!!!躊躇することなく「ごぼ天うどん」を注文。なんと木曜日は「大盛り」が無料ということなので、これも迷わず注文。

直径15cm強、高さ7〜8cmくらいか、大きなごぼ天。いい迫力。
(写真で大きさ伝わるかな?奥の水のコップから逆算して大きさを想像してみて!)

…ところが食べてみると、パリパリはしているが冷めていて、なんだかイマイチなごぼ天。

うどんは、比内地鶏(=日本3大地鶏の1つ)の卵を練りこんだという「うどん」で、そう言われてみれば卵の甘さや風味を感じる。卵を練りこんでいるだけに、つなぎの役割をはたしているのだろう、コシも強くツルツルとした食感もよく美味しいうどんだ!!!!

しかしごぼ天がイマイチだなーと思っていたところ、、、

残り1/4ほどになったごぼ天を、つゆに浸して食べてみた。
すると、汁を吸ったごぼ天は、またたく間にシャキシャキとしてイキイキとした味に大変身!!

「旨い!!!」

これは旨いよー!!!

そっか、はじめからこうして食べればよかったのか!
基本的に、ごぼ天などを汁に浸して、汁が油っぽくなるのが嫌いだから、ごぼ天とうどんを別々に食べていたのだよ。変な時間に来てしまったから、客は一人きりで、お手本にすべき人が誰もいなかったから残念。

「大盛り」のうどんは思ったより量が多くて、
帰る頃にはおなかパチンパチン。
まさかうどんでおなかいっぱいになるだなんて思っていなかったから、心の準備をしていなかったよ。苦しい。。。。

石狩。お気に入りの飲食店がようやく出来た。

あまり来る機会はないけれど、来たならしばらくここだな。
気になるメニューがたくさんありすぎる。

比内鶏を使った親子丼は必食だと思っています。オススメのお店!

ごぼ天うどん 380円
大盛り(木曜日は無料サービス)
計 380円


↑↑↑
これが380円だよ!!!!!
価格破壊と言わずなんと言う!!!!!

叶庵(14)

  • 2007.08.14 Tuesday
  • 23:59
とりもつセイロ今日も猛暑。暑い暑い。

ところが何故か、こんなに暑いと余計に熱いものが食べたくなる。

「そうだ!叶庵のとりもつそばを食べよう!!」豊平区豊平6条10丁目3-3。7か月ぶり、14回目。

お昼のピークをとっくに過ぎた15時だというのに、席はほぼ満席。まぁなんと…さすがの一言しか言えない大人気!!

予定通り「手打ちのとりもつそば」を食べようとしたら、新メニュー「とりもつスープ麺」というのを発見。いまいちそれがどんな蕎麦か理解出来ずにいて、メニューを凝視していたら店員さんが説明してくれた。

要するに温かい「とりもつ」のつゆに、冷たい蕎麦をつけて食べる「鴨せいろ」のような、「とりもつせいろ」な訳だ。興味津々で注文。

出てきた「とりもつスープ麺」。
もう何度も食べている「とりもつそば」の蕎麦抜きのドンブリと、ドンと盛られた太打ち蕎麦のセイロ。…やばいねーーこれは美味しそう。

蕎麦をすすると冷たい蕎麦の清涼感と、
温かいつゆ、とりもつの豪快さがダブルで伝わる。

さすが名物!
さすが叶庵スペシャリテの一品。激ウマ。

ひたすらモツを食べ続けるが、相変わらずすごい量のとりもつ。食べても食べても無くならなくて、アゴが痛くなるほど。アゴガクガク。汗ジワリ。テレビでは高校野球ドキドキ。

冷たい太打ちの蕎麦は、温かいつゆにつけて食べる今回の場合、なかなかつゆと絡みにくいなぁと感じた。だから、この「とりもつスープ麺」を食べるなら、太打ちの田舎そばより、細打ちの更科そばの方が合っているんじゃないかなーと仮説を立てる。

さて今夏中にもう一度来れるかな?ぜひ挑戦したい。

とりもつスープ麺 840円
手打ち蕎麦 +100円
計 940円

前回の叶庵の様子はこちらから

樽そば

  • 2007.08.09 Thursday
  • 23:59
大盛り今日こそお蕎麦!

北24条通り、何度か行ったことがある「なみ喜」の近く。「真々庵 樽そば」へ。北区北24西14-2-5。初。

初めてとは言っても学生時代、8〜9年前くらいかな?「樽そば」が小樽にあった頃、何度か行ったことがあります…だから21世紀になってからは初めて。

ガラガラと戸を開けて入口に入ると、ふんわりと木の香り。
飛び石があったりして、「真々庵」という「和」な名前のイメージぴったり。

白雪(更科)、田舎深山(田舎太打)等々、数種類の打ち方の蕎麦があるようだが、初めてのお店、いつも通り並粉の大盛りを注文。

注文後、メニュー表をよく読んでみると、そば粉を使ったアレンジメニューがあったり、色々なこだわりが書いてあったり、ほんと蕎麦が大好きなご主人なんだなぁということが伝わってくる。

大盛りそば。
細めの蕎麦で量は多め。
はじめ、つゆにつけずに蕎麦を食べると、青々とした蕎麦の香りのするところが好み♪喉越しもいい。

つゆは運ばれて来た時から量が少ないから、これは濃い口かなと思ったら案の定。もう少し辛口な方が好みだか、甘めなこの味も悪くない。

接客は少々不器用。でも真摯な思いが伝わってきて好感度大!

会計時、レジの方へ行くとそれまで影になって見えなかった厨房の様子が初めて見えた!混んでいるからかなり忙しそう。でもなんて考えられたレイアウトなんだろう!!感心!!

ご主人、こだわったんだろうなー。

盛りそば 600円
大盛り +200円
計 800円

PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM